赤ちゃん名づけ情報局トップページ 出生届の提出 名づけ基礎知識 名づけ基礎知識2 五格(天格,人格,地格,外格,総格) 年度別名前ランキング 人気の漢字がいっぱい 50音順の漢字リスト おすすめ妊娠・出産・育児用品



                                  
  育児や家事などの悩みは育児・料理・地域のクチコミ情報満載!ウィメンズパークで解決!
  女性なら誰でも無料で会員登録できます!登録されてなければ今すぐクリックして登録!

名づけ基礎知識

 名前をつけるにあたって知っておきたい事があります。以下の項目は一般的な基本ルールですのでなるべく沿う事が望ましいですが、最初からすべてを満たす事を考えるとなかなか進みませんので、まずはざっくりと頭の片隅においておきましょう。

使える字/使えない字
 名前に使える字には制限があり、数字やアルファベットはもちろんのこと、アラビア数字やローマ字、記号などは使用できません。また漢字でも常用漢字と人名漢字以外は使用する事ができません。

読みやすい/読みにくい
 漢字には制限がありますが読み方には特に制限はありません。音読み、訓読みなどを漢字には読み方が多数ありますが、なるべく一般的に読みやすい名前にしてあげましょう。毎回間違えられる読み方は子供にとってよい影響は与えません。また電話で説明しにくい漢字や読み方などもなるべく避けるようにしてあげましょう。自分が子供になたつもりで考えてみましょう。

発音しやすい/聞き取りやすい
 発音しにくい例としては、母音が連続した名前や、名字の最後と名前の最初の文字をが同じ場合です。これは同時に聞き取りにくい事にもなります。必ず何度か声に出して読み上げてみて、発音しにくくないか、聞き取りにくくないかを確認しましょう。

性別を間違えやすい
 最近の人気のある名前の中には男女の区別がしづらい名前が多くあります。なるべく容易に性別が判断できる名前にしてあげましょう。

濁音は少なめに
 名字や名前に濁音が多く含まれると発音しづらくなるとともに、なんとなくイメージもよくありません。なるべく少なめにするようにしましょう。

縦割れ
 名前だけに注目しすぎると、名字と組み合わせたときにバランスが悪い場合があります。縦割れは名字、名前のすべての漢字が偏とつくりに分かれてしまう事を言います。例えば「仲村 剛」などがそうです。(実在する方がいましたら大変申し訳ありません。。。)

読み方が複数ある
 同じ漢字でも読み方が複数ある場合があります。何度も読み間違いをされる事は子供にとってよい影響は与えません。読み間違いされにくい名前をつけるようにしましょう。